土地活用でかかる維持費

土地活用をして副収入を得ようと考えた時に、アパート経営が無難ではないかと考える方が多いかもしれません。
確かに、マンション経営をするのと比べると元手が少なく済む上に、駐車場経営よりも多くの収入が得られる可能性が高いためです。
10年程度でローンが完済できれば、その後は不労所得として収入が得られるため、老後のための資金作りにも有効な選択肢です。
こう聞くと、土地を持っている人はもちろん、ある程度の貯蓄がある方であればアパート建設に興味がわいてくるでしょう。
ところが、その一方で考えなければならないこともあります。
それは、初期投資以外に罹る必要のことです。

アパート経営では、最初に建築費用がかかった後には費用がかかることはほとんどないのではないか、と考えていると大きなしっぺ返しをもらうことになります。
維持費は必ずかかります。
税金として納めることになる固定資産税はもちろんのこと、築年数がたてば壁面の塗り直しや、老朽化した設備の取り換え、さらには地震や雨漏りといった予期せぬトラブルの補修が必要になるリスクも維持費として考えておくべきです。
さらに、建て替えまでしなくともある程度老朽化が認められるのであればイノベーションも選択肢となりますが、ここでも大きな費用が必要です。
とはいえ、予期せぬトラブルを除いて必ずしもこれらの維持費がかかるのかといえば、必ずとも必要ではありません。
しかし、それでは物件の魅力が下がってしまい入居者が確保できなくなったり家賃設定を見直したりしなければならなくなってしまいます。
そもそも入居者がいなければ空き室が増えてしまい、収入が減ってしまいますから、これでは負のスパイラル。
きちんと収入を得るためにも、よくあるリスクについては予め押さえておきましょう。